メインイメージ画像

声優になるためにもなってからも様々なオーディションがあります

様々なオーディションがある中で、声優オーディションには大まかに分けて二つの種類があります。素人のみが受けるオーディションと、既に声優のノウハウを学習している人が受けるオーディションです。素人が受けるオーディションの先には、声優の専門学校への入学が待っています。オーディションではなく、厳密に言えばスクールへの入学試験とよんだ方がよいかもしれません。
入学の希望者に声優としての素質はあるのか、伸びしろはあるかということを量るための試験となります。

ですから素人として声優オーディションに受かったところで、すぐに声優として活躍できるわけではありません。発声の仕方から演技の仕方など、一から学べるスクールに入って、プロの声優と遜色がない能力を身に付けてから、次の段階へと話を進めることができます。スクールですから、余程の才能を示して特待生にならない限りは、授業料を納め続けなくてはなりません。オーディションはあくまで出発点となっており、合格によって得られるのは声優の卵として学べる権利のみです。


その後スクールで声優のことについて学んで、一声優として働いていけるだけの能力を身に付けてから、事務所に所属用のオーディションを受けられるようになります。声優用の入社試験のようなものです。ただし通常の会社員と声優は全く違った立場のものなので、事務所への所属が決まったからといって、この先の安定が手に入るわけではありません。スクールで能力を高く評価されている人は、オーディションを受けることなく、流れで所属となることもあります。


そうしてプロの声優として活動する権利を手に入れられたら、ようやくアニメなどのキャストのオーディションに申請することが可能になります。事務所にはいろんなオーディションの情報が集まってきますので、その中から自分で役を探していき、求めに行くという形です。ライバルは同じ声優ですから、オーディションのレベルも総じて高くなります。しかしそこで合格しなければ、声優の仕事をしていくことはできません。